公益財団法人I-O DATA(アイ・オー・データ)財団

当財団は情報通信技術を活用した新事業創出や
スポーツ・文化の振興に寄与することを目的としています。

HOME ≫ 研究開発助成 ≫

研究開発助成

第3回 採択結果一覧

 第3回研究開発助成において採択された課題は以下の通りです。
所  属 氏  名 課  題  名
 株式会社 計数技研 早石 直広  発音と手の動作に障害がある障碍者用のマウス開発
 田中ミスト製作所 田中 裕之  火災の延焼から命と建物を守る「加賀鳶IoTスプリンクラー」の開発
 公益社団法人日本青年会議所 吉光 太郎  パラスポチャレンジランキングアプリ
 特定非営利活動法人
 日本なわとびプロジェクト
鈴木 啓子  なわとびアプリを活用した、小・中学生、障害者の体力向上
 京都府農林水産技術センター
 農林センター森林技術センター
廣瀬 友香  ITを活用した丸太情報の見える化と木材流通のスマート化
 国立大学法人名古屋大学 内山 知実  電源自立型のIoT流量計の開発
 一般社団法人石川県情報システム工業会 宮本 研一  少子・高齢化地域等における
 「プログラミング教育のデジタルビジネス」トライアル事業
 deilive株式会社 山本 雄貴  複数機体ドローンを自動制御して実現させる
 航空ドローンショーについての研究
 国立大学法人高知大学 高田 直樹  焦点の合った3D映像を立体物へ投影する
 ホログラフィックプロジェクタシステムの開発
 国立大学法人東京大学 高松 誠一  VR空間へのハンドモーション組み込みを実現する
 超薄型半導体ひずみセンサ組み込みウェアラブルIoT端末の開発
 ハックフォープレイ株式会社 寺本 大輝  リアルタイムコラボレーションが自然に発生する、
 プログラミング学習用のゲーム共創プラットフォームの開発
 PCN福井 松田 優一  IchigoDake / IchigoDyhook による⼩学校向け学習教材の開発
 独立行政法人国立高等専門学校機構
 旭川工業高等専門学校
濱田 良樹  人工知能等先端科学技術にかかる法・倫理・社会問題の普及啓発と
 社会的受容に資するゲーミングの研究開発

募集種別・助成金額・採択予定件数

 (A) ITによる社会的課題解決 ・文化貢献

1件300万円以内

3件程度

 (B) ITによるビジネスモデル実現

1件300万円以内 5件程度

 (C) IT教育・普及

1件150万円以内

4件程度

 

 (A)・・・見落とされがちな社会的課題に対し、IT*による、またはIT*を活用して解決を目指す、または文化貢献を目指す
       研究開発を対象とします。
 (B)・・・IT*を活用した新事業または新用途の創出につながる研究開発について、助成期間終了後早期(3年程度)に
       事業化可能な研究開発を対象とします。
 (C)・・・IT*の教育・普及分野における研究開発を対象とします。


 * ここでのITとは、情報を取得、加工、保存、伝送するための科学技術であり、コンピュータ・スマートフォン等の情報端末や、
  インターネット等の通信に関する技術、および、IoT、ビッグデータ、AI、クラウドに関する技術等を含みます。

 ※助成金の申請は満額で行う必要はなく、少額の応募も歓迎いたします。

 ※選考委員会による審査の結果、実際の助成金額は申請金額より減額されることがあります。

募集期間・応募方法

(1)募集期間

 ◎募集開始:2019年9月20日(金)
 ◎募集締切:2019年11月18日(月)17:00

 

  詳細は公募要領をご一読ください。

(2)応募方法

 1.以下の電子申請システムに入り、マイページを取得してください。
 2.マイページから申請書類を作成し、アップロードして提出してください。
   ※提出後は入力内容の変更ができませんのでご注意ください。
 3.当財団で申請書類一式を受理しましたら、マイページ取得時に登録したメールアドレスに受理メールを送信します。
   本メールの通知をもって正式受領とします。
   ※応募いただくにあたり、必ず以下のアドレスの受信設定をお願いいたします。
    電子申請システム:no-reply*yoshida-p.co.jp
    事  務  局 :info*iodata-foundation.or.jp
    (*を@に置き換えてください。)

応募資格

(1)対象分野

  • 情報通信技術を活用した新事業又は新用途の創出につながる研究開発
  • 情報通信技術を活用した音楽・映像コンテンツの保護・活用につながる研究開発
    ※いずれの場合も基礎研究は対象外とし、早期に社会実装の可能性が高い研究開発を対象とします。
    ※データの収集および保存(アーカイブ)に関する研究開発を優先します。

 

(2)課題提案の要件

  • 事業に必要な特許(出願中のものも含む)等の知的財産が存在する場合、その実施に関する権利を有する機関等による同意が
    得られていることが必要です。
  • 具体的な研究開発計画を立案できており、達成すべき研究開発目標が明確にされていることが必要です。
  • 実質的に終了している研究開発は対象外です。継続的な研究開発課題について応募する場合、従来の研究と今後の研究に関し、
    どの段階まで進んでいるかを記載してください。
  • 当財団のWeb説明を視聴いただく必要があります。
  • 応募課題について、他からの助成の状況(科研費、申請中のものを含む)を報告いただくことが必要です。

応募対象者

 国内の大学・研究機関及び企業等に所属し、情報通信技術を活用した新事業または新用途の創出につながる研究開発、情報通信技術を

 活用した音楽・映像等のコンテンツの保護・活用につながる研究開発に取り組む個人又はグループを対象とします。

※若手研究者(40歳以下)および設立・創業後10年以内の団体の研究開発を優先します。

助成期間

(1)事業実施期間

 2020年4月から2021年3月までの、原則として1年以内の期間で実施される研究開発活動に対して助成をします。

 

(2)報告

 助成期間の途中と助成期間終了後に、所定の報告様式にて、事業成果の報告をしていただきます。

 また、当財団が開催する成果報告会(2021年7月予定)に参加のうえ、研究成果を発表していただきます。

助成金の交付方法

 助成金は、助成期間が終了(2020年3月予定)し、成果報告が完了した後の交付となります。

 ただし、申請者等からの申入れを受け、当財団が認めた場合に限り、支払時期について協議をさせていただくことがあります。

 なお、原則として、研究開発助成金は申請者個人名義口座への振込はできません。所属機関での機関経理をお願いいたします。

電子申請システム・申請書ダウンロード



  ※郵送、持込みでのご応募は受け付けておりません。必ず電子申請システムからのご応募をお願いいたします。 

応募に関するお問い合わせ先

 〒920-8512 石川県金沢市桜田町三丁目10番地
 公益財団法人I-O DATA財団 事務局

 TEL/FAX 076-260-3381
 E-mail info*iodata-foundation.or.jp(ご連絡時は*を@に置き換えてください。)

top

モバイルサイト

公益財団法人I-O DATA財団スマホサイトQRコード

公益財団法人I-O DATA財団モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!